〜ゆるゆる海外滞在記〜

日本で生まれ育った日本人による、海外情報、海外生活ブログです!

行きつけのジャマイカ料理レストランinトロントをざっくり大雑把に説明します!

 

 

 

 

 

 

 

 

中南米、カリブ料理が好きな私がはまったジャマイカ料理のお店を紹介します!

 

 

 

 

 

 

トロントの地下鉄(TTCこと、Toronto Transit Commision)のバサースト駅(Bathurst)からすぐのところにある、Jerk Kingというレストランです!

とてもローカル感が強くて、少し小さなお店です。

 

 

 

 

 

まず、駅を出て、バサーストストリート(Bathurst street)を東に向かって1分ほど歩きます。すると、ブロアー・ストリート・ウェスト(Bloor St W)という通りに出ます。人が多くて基本的にいつもにぎわっている通りです。そこを左に曲がって4件目(たぶん)のお店です。

 

 

 

 

 

ここで写真を載せてメニューの紹介をしたいのですが、メニューの名前を忘れ、写真を撮ることも忘れ、(カナダに住んでいた時の行きつけレストランなのに、、、)

 

 

 

 

 

なので、私の記憶を説明すると、、、

 

 

えー、、、

 

 

 

 

 

お米が食べられる。

お肉も食べられる。

たまに辛い。

豆が入っている。

全体的に茶色い。

テイクアウトもできる。

S、M、Lからサイズが選べる。

そんなに高くない。

 

 

 

 

 

 

こんな感じです。笑

 

 

 

 

ぜひ行ってみてください!

 

522 Bloor St W, Toronto, ON M5S 1Y3, カナダ

 

 

リンクの仕方がわからないので、レストランの住所です。

はてなブログにしてからまだいまいち使いこなせてません。笑

ただでさえパソコン苦手なのに、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本のここが苦手!

 

 

 

 

 

日本のここが苦手。

 

 

 

 

 

日本の苦手な部分、嫌いなこと、人それぞれ何かしらあると思うのですが、(あ、でも、日本がパーフェクト!って人もいますよね笑)私も日本の苦手な部分がいくつかあります。

 

 

 

まず1つ目は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食べ物をすする音!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラーメン、蕎麦、うどん、などの麺類はズルズルとすする音がします。

 

 

途中で麺を歯で切ってはいけないとかマナーがあるって聞いたことがあるけれど、日本で生まれて日本で育ったけれど、どうしてもこれは苦手です。

 

 

 

 

 

 

あと、温かい緑茶を湯呑みから飲むときなども音を立てて飲みますよね。

 

 

 

 

 

 

これもとっても苦手です。

 

 

 

 

 

 

 

 

スープを飲むときに、緑茶のように音をたてる人もいます。これも苦手です。

 

 

また、お味噌汁の具を箸で掴み、口元まで持っていき、更にそこからすするなんてもはや意味がわかりません笑

 

 

 

 

 

そこまで持っていったらあとは口に入れるだけです。

 

 

なんでそれをすするんだと、

 

 

なんで音をたてるんだと、

 

 

 

 

 

 

 

そんな音を聞くたびにイライラしてしまいます笑

 

 

 

 

 

 

 

納豆ややめかぶなど、ネバネバした物が私はとても好きなのですが、それをすする人もいますからね。

 

 

やめていただきたい、、、、

 

 

 

 

 

 

 

そして2つ目は、

 

 

 

 

 

 

 

電車!!

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、1時間くらいだったら頑張れるかな、、、

 

 

でも、私は通学に片道3時間ほどかけていて、その内2時間は電車に乗っています。

 

いやあ、なかなかしんどいです。それに時間の無駄。

 

電車で本など読めればまだいいんですけどねえ、、、

 

すぐに酔ってしまいます。

 

だから本当に心から時間の無駄!

 

 

 

 

そして、

朝と夕方の満員電車は最悪です。

 

 

 

 

 

 

 

 

夏は本当に最悪です。

 

 

 

 

 

 

 

色々な臭いがします。

 

 

 

 

 

 

臭い人がどうしてこんなに、、、、

 

 

 

電車の椅子すべてに消臭剤をぶちまけたいです。

 

 

 

 

 

 

そして、なんでお年寄りに席を譲らない人がこんなにも多いんだ!!!

 

 

 

 

 

 

 

ケータイをいじりながら椅子に座っているスーツを着た人の目の前には杖をついているご老人。

 

 

 

 

この光景はよく見かけます。(そしていつもイライラします。譲れよ!って思ってしまいます。もうなるべく見たくないからなるべく電車にも乗りたくない。)

 

 

 

 

こないだは、ご老人の方が、「すみません、席を譲って頂けませんか?」と、スーツの40代くらいの人に話しかけている場面を見ました。

 

 

 

 

 

快く譲っていましたが、言われる前に気づけ!

 

 

 

 

と思いました。

 

 

 

 

 

なんで日本はこうなんだ、、、、とつくづく疑問に思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

20代〜40.50代くらいの人がお年寄りに席を譲れないくらい疲れているのは日本の社会が生きづらすぎて、精神的にも体力的にも人を疲れさせるからなんじゃないかとさえ思ったりもします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

満員電車は嫌いだし、なるべく座りたいけれど、日本人の優しさはどこに行ったんだあ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、いう感じです。

 

 

 

 

 

カナダのトロントでメトロに乗っていた時は譲り合いの場面を何度も見てとても心が温まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして日本に帰ってきてがっかりしました。

 

 

 

 

 

 

 

人に優しい国、カナダ。

 

 

 

あ〜戻りてえ〜

 

 

 

 

なんて思いながら生活しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストライキ?スペイン国内旅行10

 

 

 

 

海外であったことを忘れる前に早くいっぱい書きたいのにやらなきゃいけないことが多すぎてなかなか進まない、、、

 

 

 

まあそれは置いといて、スペイン国内旅行最後の投稿です!

 

 

 

 

 

 

 

 

私は建築家のガウディの作品が見たくて見たくて仕方なかったためもう嬉しくて嬉しくて。。。

 

 

 

 

今回、私が訪れたガウディ建築は4ヵ所で、

 

1、サグラダファミリア(Sagrada Família)

2、グエル公園(Parc Güelkll)

3、カサ・バトリョ(Casa Batlló)

4、カサ・ミラ(Casa Mirà)

 

です。

 

 

 

 

 

その中でも最も有名な作品はサグラダファミリアですよね!

サグラダファミリアは教会で、まだ完成はしていません。

 

 

が、

 

 

すごく綺麗!!

 

 

完成は2026年だそうで、あと、、、5年くらいですかね!

 

 

 

また絶対行きたいです。次は両親を連れて行きたいなあと、思っておりまする。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに予約は2日前くらいにしました。

無事予約できましたが、夏(観光シーズン)や週末じゃなかったから予約できたんだなあと。

 

 

 

料金はStudent(学生)で30ユーロでした。

 

 

 

 

次、グエル公園

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kaigaitaizaiki:20190511194000j:image

 

 

 

 

 

こちら、あの有名なトカゲさんです。

すごい人の数だったので人が写らないようにタイミングを見計らって撮るのが大変でした。

 

 

 

やっぱり早朝に行くべきですね。

 

 

 

そして、グエル公園もかなりぎりぎりに予約しました。

前日か当日でした。

入れてよかったけど、工事中で残念、、、

でもとても気に入ったので、次の日には予約無しエリアをじっくり見に行きました。

 

 

 

 

さて、次はカサ・バトリョカサ・ミラ

料金は忘れてしまったけど両方20ユーロ前後だったかな、、、

 

 

 

 

あ、カサ・ミラは19.5ユーロだったかな、、、学割で。

 

 

 

 

 

 

 

 

この2つはとても近くにあるのでまわりやすかったです。

 

 

 

 

 

さて、次の日、バルセロナからマドリードに戻る予定だったのですが、、、

 

 

ちゃんと戻ったのですが、、、

 

 

 

予想外のことが起きかかりました。

 

 

 

 

 

 

 

こちらがレンフェ、アヴェの時間です。

 

 

 

 

 

 

バルセロナ・サンツ駅(Barcelona Sants)

17時00分発

 

マドリード・アトーチャ駅(Madrid Atocha)

19時45分着

 

2時間45分

96、38ユーロ

 

 

 

 

 

そんなに高くないし、3時間かからないで着くので満足!

 

 

 

 

 

が、バルセロナを発つ日の朝、宿のオーナーさんが教えてくださったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はストライキしてるから電車動いてないかもしれないと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも日本でストライキがあるってなかなか聞かないですよね。

 

しかもそれが原因で新幹線が動かないなんてことないですよね。

 

 

 

 

もうチケット(指定席)買ってあるのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宿の方曰く、この日(3月8日)は国際女性デーで、ストライキが起きてるから、サンツ駅までの地下鉄やバス、サンツ駅からマドリードまでの高速鉄道も動かない可能性があるから調べた方がいいと。

 

 

 

 

 

 

 

急いでサンツ駅に行き、確認しましたが私の便は無事でした!

 

 

確認してほしいと頼んだ時、チケットカウンターのお姉さんは驚くことなく調べてくれました。

私だったら絶対驚く、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも国際女性デーって日本ではまだあんまり知られてないですし私も知らなかったです。

でも知ることができてよかったなと思います。

 

 

この日は紫のものを身につけた人がいっぱいいました。そんな光景がいつか日本でも見られるようになるのかなあ、、、

 

 

女性と男性は生物学的に異なることはわかりますが、女性が男性より劣っているなんてことはありません。会社のお給料、扱われ方、入試、選挙権、いろいろな面で辛い思いをしている女性がたくさんいます。

 

世界中(もちろん日本も)の不平等、不公平がなくなり、女性が安心、安全に暮らせる社会になりますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これにてスペイン国内旅行編、完結。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エスパニョール?カステジャーノ?カタラン?スペイン国内旅行9

 

 

バルセロナにいると、フランス語がよく聞こえてきます。

それに、Catalán (カタルーニャ語バルセロナの人が話す言葉)はスペイン語とフランス語が混ざったみたいな感じってよく言いますよね。

地理的にフランスが近いからなのか、、、わからないけど、面白いなあと思います。

 

ちなみに私はカタルーニャ語は話せません、

 

 

 

 

 

レストランで注文をするとき、バルセロナでは「カステジャーノ話せるの?」って聞かれるけど、マドリードにいるときは「エスパニョール話せるの?」って聞かれます。

 

この意味がわかったあなたはスペイン語話者です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあそんなことはどうでもいいんですが、

バルセロナにあるおすすめレストランを紹介したいと思います!

 

 

 

 

 

みなさん、魚介は好きですか?

私は好きです!

 

 

 

 

 

 

ボケリア市場の角にあるお店、

 

Kiosko Universal

 

です!

 

 

 

 

 

 

 

ここのタコが美味しいんです!

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kaigaitaizaiki:20190507173146j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぜひ食べてください!

 

 

 

 

Garlic Octopus !!

 

 

 

 

 

お値段は約20ユーロくらいでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

物価が高いなあ。。。スペイン国内旅行8

 

 

 

アルバイシン地区でお土産を買って、カテドラル(Catedral)付近を散策したあと、宿に向かい、荷物を受け取ってバスで空港へ行く予定でしたが、ちょうど良い時間のバスがなかったので仕方なくタクシーに乗りました。

 

 

 

 

 

タクシーで30分かからないくらいでした。

いくらだったかは覚えてないけど日本よりは安かったです。

でも今回の運転手さんとはあんまり会話が弾みませんでした。

 

 

 

 

 

 

まあ、そんなこともありますよね。

 

 

 

不親切な人だったわけではないですよ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、

次なる行先は、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

バルセロナです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とうとうバルセロナに!!

 

 

 

 

 

 

向かうんです!!

 

 

 

 

 

 

念願のバルセロナに!!

 

 

 

 

 

 

 

こちらが航空券の詳細になります。

 

 

Vueling vy2017

 

グラナダ空港(Granada Airport, GRX)

22時45分発。

バルセロナエル・プラット空港(Barcelona El Prat, BCN)

00時10分着。

 

 

約1時間半でバルセロナに到着です!

 

 

 

 

f:id:kaigaitaizaiki:20190507165923j:image

 

 

 

 

 

 

 

これは飛行機が出発するまでの間に空港で飲んだメロコトン(Melocotón)ジュースです、これは多分、桃ですかね!

日本で桃のジュースは白〜薄ピンクぐらいだと思うのですが、スペインのメロコトンジュースはオレンジでした。

美味しかったです!

 

 

 

 

さて、今回、私が使った便はよく遅れるという噂を聞きましたが、私が乗った時にはすべて予定通りでした。

 

 

 

値段も52,00ユーロとお手頃ですが、到着時間の関係で、泊まる予定のお宿(24時間常時受付でない場合)に迷惑をかけてしまいます。(私ももれなく迷惑をかけてしまいました。)

 

 

 

 

 

 

 

タクシーで今回の宿、プチチキートに向かいました。

日本人宿です!人生初の。

日本人宿、体験してみたかったんですよね~

 

 

 

今回のお部屋も1人部屋でバス、トイレはシェアです。

キッチンもついていてとてもおしゃれで清潔なお宿でした。

1泊42ユーロで、3泊したので合計126ユーロでした。

立地もよく、サンツ駅(バルセロナ最大の駅)やボケリア市場にも徒歩で行けました。

宿の近くにもアジアン料理のお店があったので、そこでチャーハンのようなものをテイクアウトし、ボケリア市場で買ったフルーツを持ってコインランドリーに向かいました。

洗濯物がたまっていたので頭は洗濯でいっぱいでした。

 

 

 

 

私が行ったのは宿の近く、Bugaderia Lavanderia Laundry IGLU です。

1回目は混んでいて洗濯できなかったので観光にでかけました。

 

 

 

 

 

 

でも私の頭は洗濯でいっぱいです、、、

 

 

 

 

 

 

スペインのコインランドリーは日本よりも高く、洗濯機のサイズ(洗濯物がどれくらい入るか)によって値段が変わります。

だいたい4ユーロくらいから8ユーロくらいですかね。

 

 

 

 

 

いやあ 高い高い。

 

 

 

それに加えて乾燥代もかかりますからね。

 

 

ああ高い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストレスフリー、スペイン国内旅行7

 

 

 

朝、フロントに荷物を預け、急いでアルハンブラ宮殿に向かいます。

 

 

 

 

 

 

ローカルバスか徒歩で行こうと思っていたのに宿を出る時間が遅くなってしまったので途中でタクシーに乗りました。

 

 

 

予約は11時。

 

 

 

 

あ、予約っていうのはナサリ宮殿(ナスル宮殿って呼ぶ人もいますよね)の入場時間のことです!

 

 

 

 

アルハンブラ宮殿

 

1、無料エリア

2、ナサリ宮殿(Palacios Nazaries)

3、要塞アルカサバ(Alcazaba)

4、離宮ヘネラリフェ(Generalife)

 

の、4つのエリアに分かれていて、2のナサリ宮殿の近くには列ができているはずなので並びましょう!時間厳守です!

でも、3の要塞アルカサバと4の離宮ヘネラリフェには、2のナサリ宮殿に行く前でも後でも行けます!

1の無料エリアは24時間行ってOKです!ここのエリアは予約のない人でも行けるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

アルハンブラ宮殿の滞在時間は2時間くらいかなと思っていたのですが4時間も居座ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

そしてかなり歩きました。

想像以上に広かったです。

 

 

 

 

 

f:id:kaigaitaizaiki:20190507164221j:image

 

 

 

 

こちらアルハンブラ宮殿(の一部)です!

 

 

 

なんでこの写真を選んだのかはわかりません!

 

 

 

 

この後、徒歩でアルバイシン地区(Albayzin)に向かう予定だったのですが疲れたのでタクシーを利用しました。

 

 

 

タクシーの運転手さんとの会話、毎回とても楽しいです

 

 

 

 

 

 

まず、高台にあるサン・ニコラス展望台(Mirador de San Nicolas)近くのレストランで昼食をとり、高台からアルハンブラ宮殿をひたすら眺め、ゆるーい時間をすごしました。

 

 

 

 

 

まさにストレスフリー!

 

 

 

 

 

アルハンブラ宮殿にいっぱいいたアジア人(日本人、中国人、韓国人)がここには私しかいない、、、

 

 

 

周りからの視線、、、

 

 

 

そして話しかけられる。

 

 

 

 

 

 

海外あるあるですね。

 

 

 

 

そうゆうときの会話というか、出会いというか、とっても好きです。

 

 

 

 

 

 

この後、レストランカフェを見つけたので入ってみました。

お昼ごはん食べたばっかりなのに。

オリーブをつまみながらビールでも飲もうかなと思ったのですがカフェコンレチェ(Cafe con Leche)にしました。

 

 

 

 

 

アルハンブラ宮殿を見ながら優雅にすごす食後。

 

 

 

まさにストレスフリー!(2)

 

 

 

 

お店の名前は、エル・バルコン・デ・サン・ニコラス(El Balcon de San Nicolas)です。

Callejon de Atarazana Vieja, 4 ・ Barrio del Albaicin ・ Granada

にあります。

予約もできるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

次、グラナダに行くことがあったらまたこのお店に行きたいです。

 

この後、お土産屋さんを見ながら歩いて下りました。

周りにはアラビア語を話してる人がいっぱい!

 

 

 

 

ヨーロッパなのにアラブっぽい。

不思議な空間でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有り難き最終手段でチケット確保。スペイン国内旅行6

f:id:kaigaitaizaiki:20190507162820j:image

 

 

これはコルドバからグラナダのバスの中の写真です!

 

 

 

アンテケラ?

 

 

 

という場所らしいです。たぶん。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、

 

 

 

 

グラナダに着いてすぐにお化粧室に向かいました。

 

あれ?

 

何かがおかしい、、、

 

 

あ、

 

 

鞄が1つ足りない!!!

 

 

 

 

小さめのスーツケースが、、、ない!!!

 

 

 

バスの荷物入れにいれっぱなしだ!

 

ということでバスまで戻ったけどない!!

 

 

運転手さんに聞いたところ、インフォメーションに預けたと。

インフォメーションは二階にあると。

 

 

インフォメーションに行ってみると、スーツケースの特徴をきかれ、パスポートを提示し、無事に戻ってきた!

 

 

バスステーションを出る前に気づいてよかった、、、。

まあそんなハプニングもありながら、無事、宿に到着しました。

 

 

 

 

グラナダのバスステーションから今回お世話になったアトランティーダ(Pension/hostal Atlantida)まで歩いて30分くらい。でもバスなら15分かからないくらいで着くということでバスにしました。

自分の乗るバス(たしか33番。)を調べると、ちょうど目の前にそのバスが!

いくら払ったかは忘れちゃったけど、ローカルバスなので安かったです。

 

 

宿も快適でした。

一人部屋、バス、トイレ付き、一泊28ユーロ!

 

日本のビジネスホテルもこれくらい安かったらいいのに、、、

 

チェックインをした後、私はある場所に向かいました。

それは、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グラナダ日本語情報センター

 

 

 

 

 

 

!!

 

 

 

 

なぜだと思いますか?

 

 

 

 

 

 

アルハンブラ宮殿のチケットを取りに行くことになっていたから!

 

 

です。

 

 

 

グラナダといったらアルハンブラ宮殿ですよね。アルハンブラ宮殿を見ないで帰るなんてことはありえませんよね。

 

なのに、アルハンブラ宮殿のチケットを自分でとることができなかったんです。

 

 

 

 

アルハンブラ宮殿も大変人気な場所なので、チケットを事前に予約することが一般的です。スペイン人の知り合いいわく、行きたい日の1か月くらい前に予約をするんだそうです。特に夏は。

 

私はそれを知っていたにもかかわらず、やらなかったんです、、、。

予約のページを開いたのはマドリード出発の1週間前。

はい、時すでに遅し。でした。

 

 

 

 

グラナダ日本語情報センターでもアルハンブラ宮殿のチケットは売り切れでした。が、アルハンブラ宮殿Aプランに申し込みました!

 

いくらか忘れてしまったけれども、20ユーロくらいだったと思います。プラス手数料8ユーロ。

通常、アルハンブラ宮殿は14ユーロだった気がします。

 

日本語情報センターの方には心から感謝しています。

 

 

 

 

その後、フライングタイガーという雑貨屋さんにいきました。

i phone の充電器を買うために。

この雑貨屋さん、日本にもあるけどスペインでは本当によく見かけました。

とても便利ですよね。こういうお店。

 

 

 

 

そしてこの日の夜と次の日の朝、宿でテレビをつけると、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドラゴンボール!!!

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドラえもん!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スペインで日本のアニメをスペイン語でみる、とても不思議な感じでした。

 

そういえばスペイン人の友人もドラえもんをみて育ったって言ってたことがあったような。

 

 

彼は今27歳なので随分長い間ドラえもんやってるんだな~と、またしみじみ。